Read Article

第2の初音ミクと呼ばれた『北乃カムイ』が帰ってきた

10月1日に引退を発表していた北海道バーチャルアイドル『北乃カムイ』が
公式サイトにて再始動を発表した。

北乃カムイは、初音ミクのイラストレーターとして有名なKEIさんがイラストを描いた
北海道のバーチャルアイドルとして注目を浴びていた。

2013年4月1日から半年をかけて、Twitter&Facebookのフォロワー数3万人達成したら
アイドルデビューという目標を掲げてた。

しかし、最終的に集まったフォロワー数は目標の半分程度・・・

その結果から10月1日には活動終了を発表。

その後、失踪中とされていた。
(あくまで設定である)

引退発表後もファンは増え続け、北海道の企業からも復活を望む声が多くあったという。
「北海道を元気にしたい」という思いが強くなり、復帰を決意。

北海道を元気にするため様々な目標を掲げている。

・ラジオ番組を持つ
・札幌ドームでイベント開催
・北海道でカムラークリエイター特区を作る
・道外、世界カムラー、北海道移住化計画など

イラストについても、冬バージョンに一新されており
クオリティの高さはさすがKEIさん

ですが、この復活劇
全てはシナリオ通りであったと考えられる。

当初の予定の3万フォロワーをクリアしていたら
これほどに注目を浴びることはなかっただろう。

マーケティングの観点からも戦略が不十分であり、
3万フォローは到底不可能であると判断していた。

期限が迫る中、焦るような発言が多く見られたが
何か手を打つわけでもなく、あっけなく幕を下ろしたのである。

このような戦略は昔から多く見られているが
ここまでバレバレなものは久々に目にした。

下火になるのを恐れるのはわかるが、復活の時期も早すぎる。

良くも悪くも話題作りになったのは事実だが

北海道を元気にしたいという思いから応援はしたい。
だが、従来のマスコミのようなマーケティングはあまり賛同できないのが本音

今後、どのような戦略を展開していくのかに注目していきたいと思う。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top