Read Article

【新事実】どこでもドアは既に開発されていた?!

【新事実】どこでもドアは既に開発されていた?!

パリの街角に突如、どこでもドアが出現したというのだ。

秘密組織の仕業だろうか?

それとも
ドラ〇もんの仕業?

ドアの向こうはどこに繋がっているのであろうか?

宇宙??

それとも
し〇かちゃんのお風呂??

誰の仕業か、どこに繋がっているのかは
実際に見て頂く方が早いと思うので

どうぞ!!

残念ながらドラえもんの仕業ではなく、
フランスの鉄道会社SNCF社のプロモーションです。

ドアの向こう側にはミラノ、ブリュッセル、バルセロナ、ジュネーブ、シュツットガルト
各地と遠隔カメラで繋がっており、パントマイマーや似顔絵描きなどと
コミュニケーションが取れるというもの。

「Europe Is Just Next Door ヨーロッパはすぐ隣のドアに」

鉄道会社のプロモーションであることから
ヨーロッパ各地は繋がっている
鉄道は各地を身近に感じられる存在

そんなメッセージが込められていた。

インターネットの普及でいつでもどこでも
誰とでもコミュニケーションがとれる時代

だからこそ
実際に会って言葉を交わす
肌で感じることの大切さを感じられる映像ではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top