Read Article

ホリプロ朝長泰司さんとの対談で見えてきた 【YouTubeタレントの可能性】

先日、札幌にてホリプロ取締役である朝長泰司さんと対談させて頂きました。

実は、ホリプロでもオンラインタレントの発掘・育成に取り組まれています。

その一人でもある荒井沙織さん
Google+:http://plus.google.com/+saoriarai/posts
YouTube:http://www.youtube.com/user/araisaori

オンラインタレントって最近よく聞くけど、一体何者?
(プロスタでは、YouTubeタレントと呼んでいます)

本来、タレントと言えば
テレビやラジオ、雑誌などのメディアで活躍しているというイメージがあると思います。

オンラインタレントとは、
YouTubeに自らのチャネルを持っており、自分で企画から撮影、編集をおこない
YouTubeに投稿していく新たなタレントの形と言えます。

プロスタの考えは、
【新たな芸能界への道をつくる】を一つのテーマにしております。

芸能界を目指すとなると
オーディションやスカウトってイメージがまだまだありますよね。
でも、このチャンスを掴み取れるのはほんの一部の人

芸能界を夢見ている人は、数えきれないほどいます。
その中の一人であるアナタは渦に呑み込まれ、
誰にも見つけてもらえない・・・

脅しているわけではないですよ。
それが現実なのです。

アナタという存在を見つけてもらえるために
YouTubeを中心としたインターネットメディアを最大限に活用する

これは、アナタにとっても可能性を広げることに繋がりますが
芸能プロダクションにとっても利益をもたらします。

いくらオーディションを開催しても
極端な話、日本には1億2709万人の人間がいます。
その中から原石を見つけるのは大変ですよね。

オーディションやスカウトだけではなく
YouTubeというメディアを使って原石を見つける入り口を増やす
お互いにとってチャンスを広げることになるのです。

YouTubeコンテンツパートナーシップ日本代表・水野有平氏がイベントでこう語っている。

日本は1900年代には映画、1953年からはテレビが台頭してきた。
今後は”オンラインでの映像”の時代である。”オンライン”で活躍するタレントなどが今度登場するだろう。

参照:http://news.livedoor.com/article/detail/8246430/

まだまだこのような取り組みを理解してもらうのは難しい。

ですが、
今後、YouTubeを中心としたオンラインタレントの時代が来るだろう。
北海道はもちろん、地方に住む若者にとって
地元にいながらチャンスを掴むことが可能になる。
ビジネスの世界でも動画の時代になる。

でも、勘違いしないでほしい。

インターネットはあくまで、リアルへ繋げるメディアであるということ。
インターネットに固執することは避けなければならない。

握手会やライブなどイベント
ファンと触れ合えるリアルの場を大切にすることを一番に考える。

メールやLINEを毎日使っていると
インターネットだけでコミュニケーションを取った気になっている人も多い

何秒、何十秒かもしれないが、握手会で目と目を合わせて話せることは
インターネットでコメントをもらえるよりも何十倍も嬉しいことである。

CDやiPodで聴く音よりも、アーティストを目の前にした音の方が何倍も興奮する。
鳥肌が立つくらいに

ビジネスの世界でも
セミナーで講師の人柄に触れることで、その人の商品が欲しいと心から思える。

そんな感情はインターネットでは味わうことが出来ません。

リアルの場を大切にするということを絶対に忘れないでください。

成功するためには、本質を見極めること

それさえ忘れなければ可能性は格段に広がっていきます!!

それでは!!

PS.今年もホリプロタレントスカウトキャラバンが開催されます。
札幌でも開催されますので、ご興味のある方は是非!!
http://tsc2014.jp/

一番簡単に応募できる方法を
荒井沙織さんが動画で解説しています。
http://youtu.be/1Csny2ER4QA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top